ただいまインドのポンディシェリーにいます。

以前100パーセントハーブで作られたシガレット、ニルドーシュについて書きました。

 

記事はこちら

 

手巻き用のニルドーシュ

今回オーロヴィル、ポンディシェリーを旅行中に、新しく購入しました、ルースのニルドーシュ!

中身はまるでカスリメティのようです。

カレーを作るときに使うスパイス、メティ=フェヌグリークの乾燥葉っぱですね。

 

さて、こちらのルースのニルドーシュは、ボックスのものと原材料もすべて一緒です。
5000年の古代から伝わるアーユルヴェーダの経典を元にした配合。

肺と気管に良いハーブたばこで、タバコ、ニコチンは一切含まれていません。

禁煙にチャレンジしたい方は、代替品として吸うのもありだと思います。

 

ニルドーシュの意味

ニルドーシュ Nirdoshとは、言語学的に解説するとNirが打ち消しの接頭語で、英語で言うところの”Non”。

Doshが罪、ギルティ。Non-guiltyとなり

無罪、Innocentという意味になるそうです。

東京外語大学の大学院博士課程で、ヒンディ語を研究していた友人に聞きました。

 

最安値のニルドーシュ

ただこのルース、日本ではまだ売っていないようです。

日本のアマゾンで取り扱いがあるものの中では、現在こちらが最安。

こちらは20本入りですが、10本入りの紙箱入のものと中身はなんら変わりません。

一本あたりはこちらがお得です。


 

禁煙したい人に

タバコがやめられない、禁煙したい人におすすめの方法は、徐々にニコチンを減らして体を慣らしていくこと。

手巻きタバコで、普通のタバコの葉とニルドーシュの割合を徐々に

  1. タバコ>ニルドーシュ
  2. タバコ=ニルドーシュ
  3. タバコ<ニルドーシュ

という具合に変えていくのはいかがでしょう。

私の周りの、ヘビースモーカーの友人にもガンガン勧めています。

インドに行くことがあれば、ぜひ買ってみてください。

close
カテゴリー: Well-being

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close Bitnami banner
Bitnami